> > サトー・東京理科大 世界初、焼却で発生するCO2を吸収するラベルを開発

サトー・東京理科大 世界初、焼却で発生するCO2を吸収するラベルを開発

記事を保存

サトーと東京理科大学が中心になり運営するベンチャー企業・アクテイブは、世界で初めて焼却時に発生するCO2を吸収するラベルの開発に成功した。

同ラベルは、東京理科大が開発したNVC(ナノベシクルカプセル)技術により、CO2吸収剤を粘着剤に添加してラベル化したもので、焼却時にラベル自体のCO2発生量を減らすだけでなく、周囲のCO2も吸収していることが実証実験で確認された。CO2吸収剤を添加していないラベルに比べ、焼却時に発生するCO2を20%以上削減する効果があるという。サトーは、CO2吸収剤を使用した粘着剤を、台紙のない「ノンセパ®」ラベルに応用し、製品化する予定だ。

CO2吸収剤は100nm以下のカプセル状の物質で、CO2吸収剤をナノ分散させることで反応する面積が増加し、効果が向上する。この吸収剤にはナノサイズの穴が開いており、高温でも融解したり気化したりすることなく、焼却時に発生するCO2と反応して固定し、結果的にCO2排出量を大幅に抑制できる。現在、NVC技術によるCO2吸収剤は、ショッピングバッグやプラスチック製ダンボールに応用され製品化されているが、ラベルとしての製品化は世界で初めてという。

製品化予定のノンセパは、産業廃棄物となるシール・ラベルの台紙を省いた環境保全に貢献する製品として、導入企業が増加している。サトーは今回、CO2吸収剤を添加したノンセパを新たに商品化することで、環境保全製品の一層の充実を図りたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.