> > 日立電線 家庭でも使える電気自動車向け壁掛け充電器を発売

日立電線 家庭でも使える電気自動車向け壁掛け充電器を発売

記事を保存

日立電線は、一般家庭でも使用できる、取扱い性に優れた電気自動車(EV)向け壁掛け充電器を開発し、2011年夏より発売する。

本製品は、充電ガン、充電ケーブル、CCID(制御器)、電源コードで構成される。SAE(米国自動車技術会)J1772規格に準拠し、これに適合したEVやプラグインハイブリッド車(PHV)への充電が可能。充電ケーブルは、一般家庭での使用を想定し、シースに非鉛のポリ塩化ビニル(PVC)材料を採用。また、EVは家庭で充電を行い、外出して戻るたびに充電ケーブルを差し込むことが想定されることから、独自の技術によりケーブルの取り回しや安全性など、使い勝手に優れた充電器として開発した。CCIDには漏電遮断機能や漏電検出自己診断機能のほか、夜間充電モードや省電力充電モードを備え、家庭や事務所などの電力需要と競合せずに充電することができる。

本製品の発売に伴い、日立コンシューマ・マーケティング(日立CM)は、本製品の販売、設置、アフターメンテナンスとともに、本製品を中核としたソリューションサービスの提供を開始する。EV向け充電器の利用は大きな電力が必要となるため、家庭や店舗等の使用電力を適正にコントロールする必要がある。日立CMは、既存の環境関連機器の相乗効果を得られる新たな商材として、家庭や店舗、事務所、高速道路のサービスエリアなどへ提案活動を行う考えだ。

近年、EVの販売が本格的に開始され、2015年には2009年比で約47倍の市場に拡大すると見込まれている。それに伴い、EVの家庭への普及に向けて、充電インフラの整備が求められている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.