> > GSユアサなど 電気自動車用Li電池2次利用に向け、ローソンで実証試験

GSユアサなど 電気自動車用Li電池2次利用に向け、ローソンで実証試験

記事を保存

GSユアサ、三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジージャパン ローソン吉祥院里南店でのリチウムイオン電池2次利用実証試験の様子GSユアサ、三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジージャパン(LEJ社)の4社は、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に搭載して使用したリチウムイオン電池を2次利用する事業について、日本初の実証試験を行う。

同事業のモデルケースとして、1月26日より、ローソン吉祥院里南店(京都市南区)に「PV-EVシステム」を設置し、試験を開始する。4社は、1年を目途に実証実験の成果を精査し、リチウムイオン電池のリユース品活用によるエネルギーコストの低減と電池資源の有効利用を通じた環境負荷低減の効果をモニタリングする。

同試験では、GSユアサが開発した「PV-EVシステム」を活用。同システムは、太陽電池、「i-MiEV」搭載のLEJ社製のリチウムイオン電池「LEV50」、GSユアサ製のEV用急速充電器「EVC-2OKD」で構成されている。太陽電池で得られた電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、その電力を用いてEVに急速充電するもので、受配電設備の追加投資や電力契約を変更することなく設置できる。余剰電力は店舗内の照明などにも使用可能だ。また、リチウムイオン電池はリユース品を使用することでコスト低減。自然エネルギーで発電した電力をEVに充電し走行することで、CO2排出量ゼロを実現できる。

今回、実際に走行していた「i-MiEV」から「LEV50」を取り外し、電力貯蔵用のリチウムイオン電池として活用することで、EV用電池を他の用途で使用した時の技術検証を行う予定。また、太陽光などの自然エネルギー貯蔵や産業用機器の電源など、幅広い用途で「LEV50」の2次利用用途を開拓していく方針だ。

同試験では、システム全体の実用性、リチウムイオン電池のリユース品の技術的検証、太陽電池で発電した電力のEVへの充電効率、コンビニエンスストア設置時における充電中の待ち時間に対する利便性の4点を確認する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.