> > 昭和電工など 低抵抗化を実現したLi電池向け集電板用部材を販売

昭和電工など 低抵抗化を実現したLi電池向け集電板用部材を販売

記事を保存

昭和電工昭和電工パッケージングは、リチウムイオン電池(LIB)の集電板用部材として、カーボン下地アルミ箔「SDX®」の量産を開始した。

本製品は、独自技術により集電板であるアルミプレーン箔上に導電性カーボンを塗工。既存のアルミプレーン箔に比べて、正極材と集電板との間で生じる抵抗(接触抵抗)を約50%低減し、自動車向けLIBの集電板用部材として求められる大電流の急速な充放電を可能とした。これまで一部顧客に限定販売してきたが、評価が良好で、大型LIB用電極へも採用され始めたことから、本格的に販売を開始する。2015年には本事業での売上高50億円を目指す。

LIBの集電板は、正負極で発生する電気を集め、外部に取り出す役割を担う。負極、正極それぞれに集電板があり、正極ではアルミ箔、負極では銅箔が使われている。近年、大型LIB用の正極材料として、安全性が高く、長寿命のオリビン型リン酸鉄リチウム(LFP)への注目度が高まっている。しかし、LFP系の正極材料は電気抵抗が高く、集電板のアルミプレーン箔との接触抵抗が大きくなるため、急速充放電を行うと、LIB自体が発熱する危険性があった。また、LFP系の材料はアルミプレーン箔との密着性が悪いため、均一に正極材料を塗工するのが難しかった。本製品は、アルミプレーン箔上に導電性カーボンを塗工することで、接触抵抗を大幅に低減し、急速充放電特性の指標の一つであるレート特性(電流を変化させた場合の電池容量の維持率)も従来比で30%以上改善。また、集電板との密着性を従来比で1.5倍に向上させた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.