> > 日立造船 スイスのごみ処理会社を買収、欧州で廃棄物処理事業を展開

日立造船 スイスのごみ処理会社を買収、欧州で廃棄物処理事業を展開

記事を保存

日立造船は、ごみ発電設備の設計・製作・販売などを手がけるスイスのAE&EInovaAG(Inova社)を買収し、子会社化すると発表した。12月20日付で、30万スイスフラン(2500万円)でInova社の全株を取得した。

日立造船は、中国市場を中心に廃棄物処理施設事業の海外展開に注力している。欧州の市場は、埋立処理から熱回収に着目した焼却処理へと需要が変化しており、今後、一層の拡大が見込まれている。今回の買収で、Inova社を傘下に置くことで欧州市場へ進出するとともに、Inova社の有する技術・エンジニアリング力と同社の技術の相乗効果で海外展開を加速させる。

日立造船は、Inova社の前身である会社からデロール式ごみ焼却炉の技術導入を受け、日本市場などで多数のごみ焼却施設を受注・建設してきた。また、両社は技術提携し、燃焼・排ガス処理、熱回収などに関する技術の相互開発を手掛けてきた。今回、Inova社を所有する持株会社であるA-TECグループが破綻したことを受け、事業継続を前提とした同社株式の売却を実施することになった。日立造船は、今後の環境事業の発展に資すると判断し、Inova社の完全子会社化を決定した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.