> > コニカミノルタセンシング タンデム型用の擬似基準太陽電池セルを発売

コニカミノルタセンシング タンデム型用の擬似基準太陽電池セルを発売

記事を保存

コニカミノルタセンシングは、アモルファスシリコンとマイクロ(微結晶)シリコンのタンデム型(多接合型)太陽電池用の擬似基準太陽電池セルを12月16日より発売する。標準価格は各43万円(税別)。

基準太陽電池や擬似基準太陽電池は、太陽電池の性能を評価するときに照射するソーラーシミュレータ(擬似太陽光)を、国際的な標準試験条件(STC)の基準太陽光と同等に設定するために用いられている。しかし、従来のタンデム型太陽電池用の擬似基準太陽電池セルは、多くの技術的課題があり、ソーラーシミュレータを高精度に調整することが難しかった。本製品により、これまで特別な試験機関以外では難しいとされていたタンデム型太陽電池の評価が、太陽電池の開発・生産の現場にでも可能となり、また、信頼性の高い測定値が得られるようになるという。

太陽電池製造関連産業では、生産量増加とエネルギー変換効率の向上に向けた技術革新が進められており、従来の結晶シリコン型太陽電池だけではなく、薄膜系タンデム型なども製造されている。今回発売する擬似基準太陽電池セル「ReferencePVCellAK-100(a-Si用)/110(μ-Si用)」は、産業技術総合研究所(産総研)とコニカミノルタとの共同研究により、多重反射、耐光性能を向上させたタンデム型太陽電池用の擬似基準セル。安定した結晶シリコン系太陽電池セルの上に独自設計の光学フィルタを装着し、従来品に比べて精度と安定性を高めた。

具体的には、従来困難とされていたスペクトルミスマッチ誤差の大幅な低減を達成し、誤差を1%以下に抑制することを可能とした。また、従来の擬似基準太陽電池では、ソーラーシミュレータからの照射光をガラスフィルタが反射し、測定誤差が生じやすくなっていたが、光学系の改善により多重反射を抑え、測定誤差をゼロにした。

基準太陽電池や擬似基準太陽電池は、産総研などISO17025認証取得機関での校正が必要とされている。産総研は、世界でも数機関しかない「一次基準太陽電池セル」を校正できる機関であり、同研究所で校正を受けることで、トレーサビリティの保証された正式な「二次基準太陽電池セル」として使用することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.