> > 排出権取引市場 カーボンゼロ四国と提携し、四国地域の排出権を販売

排出権取引市場 カーボンゼロ四国と提携し、四国地域の排出権を販売

記事を保存

双日の100%子会社のコーリンクとスマートエナジーが2010年4月に設立した排出権取引市場は、カーボンゼロ四国と提携し、四国地域の排出権を取り扱うと発表した。カーボンゼロ四国は、排出権を1口50トン程度の大口に取りまとめ、カーボンゼロ四国の賛助会員へ販売するとともに、排出権取引市場のインターネットサイトを通じて全国の需要家にも販売する。排出権取引市場は、2014年度までの国内における排出権取引量を累計約220万トンと見込んでいる。

カーボンゼロ四国は、国内クレジット制度の活用や四国地域の地球環境保全事業の支援を目的として、2010年10月に設立された一般社団法人。経済産業省四国経済産業局をはじめ、四国地域の自治体や経済団体、関係事業者の支援を受けている。同法人は、四国地域を基盤に活動を行う企業から賛助会員を募り、賛助会員企業から排出権を優先的に買い取っている。排出権の買い取り対象の地域を限定して、地域ブランド化したクレジットを創出する機関は国内初だという。

同法人ではこれまでに、製材工場における乾燥施設の燃料転換、老人保健施設などにおけるヒートポンプの導入による空調設備の更新事業など、24件の削減事業計画について承認を受けており、そのうち7件(計3919トン)がクレジットの認証を受けている。しかし、国内クレジット制度の活用については、削減実施事業者(売り手)の条件に合う共同実施者(買い手)が見つからない、大口の購入者にとって小口の排出権は事務手続きが煩雑であるなどの理由から、売り手と買い手のマッチングが課題となっている。

なお、国内クレジット制度は、大企業の技術・資金提供を通じて中小企業などが行った、温室効果ガス排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、大企業などが自主行動計画や試行排出量取引スキームの目標達成などのために活用する制度。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.