> > 矢野経済 2010年の一般照明用LED照明市場は09年比2倍に拡大

矢野経済 2010年の一般照明用LED照明市場は09年比2倍に拡大

記事を保存

矢野経済研究所は、国内照明市場についての調査結果を発表した。2010年の一般照明用途の照明総市場規模は、2009年比102.7%の7420億円となる見込みだ。

2008年秋以降の景気悪化の影響を受け、建築物の新設着工件数が大幅に落ち込み、それに伴い照明市場規模は大きく減少。2009年の同市場規模は、2008年比94.6%の7227億円と推計される。2010年は、改正省エネ法の施行や景気対策としての公共事業の増加を受け、LED照明をはじめとする高効率照明への切り替えが進んだことで市場は回復傾向にある。

LED照明は、2009年に照明メーカーおよび新規参入事業者各社から電球形LEDランプが次々と発売され、また、省エネ法の改正などにより省エネ性能や長寿命を有するLED照明の普及が飛躍的に進んだ。一般照明用途のLED照明は2009年が2008年比249.8%の374億円、2010年が2009年比195.2%の730億円になる見込み。

LED照明市場が急拡大する中、照明メーカー各社は、事業の軸足を既存光源からLEDにシフトしつつある。その傾向は、特に中堅規模の照明専業メーカーに強くみられる。一方、大手電機系メーカーは、最終製品としてのLED照明だけでなく、デバイス事業の展開による事業拡大を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.