> > 東京ガス 羽田水素ステーションを始動、燃料電池バスをトヨタ・日野が提供

東京ガス 羽田水素ステーションを始動、燃料電池バスをトヨタ・日野が提供

記事を保存

東京ガス日本初の天然ガススタンド併設型水素ステーション「羽田水素ステーション」東京ガスは、日本初の天然ガススタンド併設型水素ステーション「羽田水素ステーション」を12月15日に開所すると発表した。

本ステーションは、同社が大田清掃工場(太田区京浜島)内に設置している天然ガススタンド「京浜島エコ・ステーション」に、東京二十三区清掃一部事務組合の協力を得て水素ステーションを併設するもの。供給する水素を都市ガスから製造するとともに、そのとき発生するCO2の分離・回収の実証を行う。水素ステーションで水素を製造しながらCO2の分離・回収を行うのは、日本で初めて。本ステーションでは、12月16日から羽田空港~新宿駅西口間、羽田空港~東京シティエアターミナル間に定期営業運行する燃料電池バスに水素を供給する。同社は、事業化に近い稼働条件での運転データの収集とともに、水素ステーション利用者へのアンケート調査などを実施し、水素供給の事業化に向けた課題の抽出と解決を図る。

本ステーションは、経済産業省の「水素利用社会システム構築実証事業」のひとつである「水素ハイウェイプロジェクト」として、事業実施者である水素供給・利用技術研究組合(HySUT)からの委託を受けて建設・運用するもの。トヨタ自動車と日野自動車は、同プロジェクトで定期営業運行される燃料電池バスの車両提供を行う。両社が燃料電池ハイブリッドバス「FCHV-BUS」をリムジンバス仕様に改造してHySUTに貸与、東京空港交通が運行する形態をとる。トヨタと日野は、走行実態から取得したデータを検証し、研究開発に活用する。また、水素の充填には、12月15日より稼動する東京・杉並水素ステーションと羽田水素ステーションの2ヵ所を使用する。

今回の東京ガスの実証では、1時間あたり、19Nm3(一般家庭1軒での約半月分の使用量に相当)の都市ガスを原料に、燃料電池車(乗用車)約1.5台分にあたる50Nm3の水素を製造する。あわせて、10kgのCO2を液体で回収して工業用原料として有効利用する方法などを検討する。水素は使用時にはCO2を排出しないが、都市ガスから水素を製造する際にCO2を排出する。東京ガスはこれまで、JHFC千住水素ステーション(東京都荒川区)の運転などで水素供給についての技術的な実証を重ねてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.