> > ヤマダ電機・三菱自動車 12月1日から「i-MiEV」試行販売開始

ヤマダ電機・三菱自動車 12月1日から「i-MiEV」試行販売開始

記事を保存

三菱自動車 ヤマダ電機販促キャンペーン用「i-MiEV(アイ・ミーブ)」ヤマダ電機と三菱自動車工業は、電気自動車(EV)i-MiEV(アイ・ミーブ)の試行販売に関する覚書を締結し、12月1日よりヤマダ電機の東京都、神奈川県、埼玉県の17店舗にて販売を開始する。地球環境問題に積極的に取り組むヤマダ電機と、EV普及のために業界の垣根を越えた取組みを模索していた三菱自動車が手を組んだもの。家電量販店でのEV販売は国内初。

両社は、今年4月にさいたま市のEV普及政策「E-KIZUNAProject」の一環として開催された「第1回E-KIZUNAフォーラムinさいたま」に出席。EVの普及促進が低炭素社会の実現に重要な役割を担っているとの共通認識のもと、家電量販店でのEV販売の可能性について話し合ったことがきっかけという。販売開始に伴い、ヤマダ電機はスマートハウスビジネスの一環としてi-MiEVを販売するEV専任販売員を設け、すでに車両販売実験を行っている17店舗の販売員も含め、販売を促進する。

ヤマダ電機は、スマートハウスビジネスとして、太陽光発電システム・エコキュート・オール電化を始めとする省エネ環境対策商品の企画・販売を実施している。今後、普及拡大が見込まれるEV販売に取り組むことで、スマートハウスビジネスにおけるトータルソリューションの提案を積極的に推進していきたい考えだ。

三菱自動車は、2009年7月に「i-MiEV」を市場投入し、今年4月からは個人向け販売も開始している。国内ではこれまで約3000台を販売しているが、EVの新たな使い方やアイデアの提案も期待できる家電業界と協業することで、EVの販売促進を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.