> > シャープ 新型高効率単結晶太陽電池を開発、年内に量産を開始

シャープ 新型高効率単結晶太陽電池を開発、年内に量産を開始

記事を保存

シャープ グリーンフロント堺 太陽電池工場シャープは、新型の高効率単結晶太陽電池を開発したと発表した。本太陽電池について、第一次展開として約150億円を投資し、大阪府堺市の“グリーンフロント堺”太陽電池工場に、年間生産能力200MWの生産体制を構築、2010年度内にセルからモジュールまでの量産を開始する予定。

同社は、太陽電池のセル表面の受光面積を広げるとともに、セル間の接続抵抗を低減させる配線技術(配線シート方式)を開発。新型高効率単結晶太陽電池において、受光面に電極のないバックコンタクト(電極裏面接続)構造として採用した。従来の太陽電池では、セル表面の電極部分は太陽光を受光できなかった。同構造では電極を配した配線シート上にセルを配置し、セル表面全体での太陽光の受光を実現した。

シャープは、結晶太陽電池と薄膜太陽電池の両輪体制で、太陽光発電事業をグローバルに展開していく方針を示している。今回開発した太陽電池についても、今後住宅用や産業用など世界中の幅広い用途での需要が見込まれるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.