> > ミニストップ 国産FSC認証材を使用した木造建築&太陽光発電店舗を展開

ミニストップ 国産FSC認証材を使用した木造建築&太陽光発電店舗を展開

記事を保存

ミニストップは、大和ハウス工業が事業主の「コンビニエンスストア向け次世代型省CO2モデル事業」に参加し、11月19日に第1号店となる「ミニストップ浜松新原店」を静岡県浜松市に開店した。この店舗では、太陽光発電システムと直管型LED蛍光灯を導入し、「エネルギーマネジメントシステム」によるデータ分析と運用・設備改善等による省エネを実施。年間で店舗全体の電力消費量の8.5%に相当する電力消費量約15000kWhを削減できると試算している。さらに来年2月には、同市に業界初となる国産FSC認証材を100%使用した「木造建築&太陽光発電装置」店舗を開店する予定だ。

FSC認証は、森林環境保全を目的に、適切な管理が行われている森林から産出された木材・木材製品を認証する制度。ドイツに本部がある第三者認証機関が運営している。ミニストップは、昨年、国内商業施設として初めて、FSC認証を取得したミニストップ越谷レイクタウン東店を開店した。同店舗の場合、資源採取から資材生産の過程で発生するCO2は鉄骨造に比べ33%削減できるという。

大和ハウス工業の「コンビニエンスストア向け次世代型省CO2モデル事業」は、平成21年度に国土交通省が実施した「第1回住宅・建築物省CO2推進モデル事業」において、マネジメント部門に提案した「コンビニエンスストア向けの先進性の高い省エネルギー・省CO2提案」が採択されて実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.