> > 三菱自動車・ビックカメラ 家電量販店でのi-MiEVの販売で連携

三菱自動車・ビックカメラ 家電量販店でのi-MiEVの販売で連携

記事を保存

三菱自動車 i-MiEV三菱自動車は、電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の新しい販路として、家電量販店での販売に乗り出す。

同社は、11月9日、ビックカメラと「電気自動車の普及に関する基本協定」を締結した。家電量販店と自動車メーカーが販売で提携するのは、日本で初となる。両社は連携し、ビックカメラの基幹店舗で「i-MiEV」の販売を開始する。店頭では、商品紹介をはじめ、試乗会等の各種イベント、ビックカメラから三菱自動車への顧客の紹介を行う。池袋本店、有楽町店、新宿西口店、ラゾーナ川崎店から順次実施していく予定だ。その第一弾として、11月9日より有楽町店にて「i-MiEV」を展示する。両社は、ともに環境先進企業として環境大臣から「エコ・ファースト企業」の認定を受けており、今回の取り組みは、低炭素社会実現の担い手であるEVの普及に貢献するため、と位置付けている。また、三菱自動車は、EVの販売について、ヤマダ電機とも提携を進めていると伝えられている。

三菱自動車は、11月4日から「i-MiEV」を一部リニューアルして販売をしている。車両接近通報装置の採用やボディカラーの追加等の一部改良を行い、また、従来のメンテナンスリースに加えて現金販売も開始した。12月には日産自動車がEV「リーフ」を市場に投入する。三菱自動車は、家電量販店との提携で販路を拡大するとともに、個人客が利用しやすいサービスを整備し、「リーフ」の販売を迎え撃つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.