> > 東京ガス 天然ガスハイブリッド車の試作車両を開発

東京ガス 天然ガスハイブリッド車の試作車両を開発

記事を保存

東京ガス 天然ガスハイブリッド車東京ガスは、天然ガスを燃料に走行する「天然ガスハイブリッド車」の試作車両を開発した。

同車両は、ガソリンハイブリッド車であるトヨタの「SAI」(Gグレード)を改造したもので、ガソリンハイブリッド車よりも24%、一般のガソリン車よりも62%のCO2を削減できる見込み。また、燃料となる圧縮天然ガスはガソリンよりも安価なため、燃料代はガソリンハイブリッド車と比べて約1/2、一般のガソリン車と比べて約1/4に抑えることができる。

天然ガスは、化石燃料の中では最も燃焼時のCO2排出量が少なく、クリーンなエネルギーとして注目されている。東京ガスは、1982年から天然ガス自動車の開発に着手し、1991年には天然ガスを専用の燃料とした「天然ガス自動車」を開発。その後、天然ガスを供給する天然ガススタンドの建設を進め、現在は、同社管内で約14000台、国内では約39000台の天然ガス自動車が普及。世界での普及台数は1100万台を超えるという。

今回は、東京ガスが仕様の決定を、共同開発先となるエッチ・ケー・エスが車両の改造を行った。なお、エッチ・ケー・エスは、静岡県富士宮市に本社を置く、自動車部品製造販売会社。自動車部品の製造および販売、レース用エンジンや超軽量小型飛行機用エンジンの製造を手掛けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.