> > 住友林業 横浜市でスマートハウスのコンセプトモデル住宅を公開

住友林業 横浜市でスマートハウスのコンセプトモデル住宅を公開

記事を保存

住友林業は、11月7日から実施される横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)のデモンストレーション展示において、スマートハウスのコンセプトモデル住宅を公開する。本展示は、YSCPが「環境技術ショーケース」として注力している、横浜市みなとみらい21地区の「横浜ホームコレクション」として公開されるもの。APEC(アジア太平洋経済協力会議)リーダーズウィークの開催に合わせて、APEC会議の参加者や取材メディア向けに展示される。

同社は、住宅のライフサイクル(一生涯)トータルでCO2収支をマイナスにする「ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅)」の開発に取り組んでいる。今回公開するコンセプト住宅は、2階建で面積は222.50m2。LCCM住宅の実現に向けて求められる地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)やホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を組み込んだスマートハウスの基本的な考え方のほか、設備機器の展示、解説などを行う。

LCCM住宅では、ライフサイクルにおいてCO2排出量を削減するための技術や、それを使いこなす省エネ型行動、再生可能エネルギーの利用により、ライフサイクルトータルでのCO2収支のマイナスを目指している。同社は、LCCM住宅の開発では、スマートグリッド(次世代送電網)を中心に低炭素な社会インフラを整備するCEMSとともに、家庭内において、電力会社から購入する電力と家庭で創りだすエネルギー、それらを蓄える蓄電池の3つの電力系統と、消費エネルギーを統括して最適に制御するHEMSが不可欠だと考えており、現在、東芝と共同で、LCCM住宅に適したHEMSの開発を行っている。

YSCPは、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に採用されたプロジェクトで、日本型スマートグリッドの構築と海外展開を図るために、横浜市と民間企業が地域エネルギーの効率化に向けて、みなとみらい21地区を対象に技術実証等を実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.