> > 産総研・トヨタ 常温プロセスで全固体薄膜リチウムイオン電池の試作に成功

産総研・トヨタ 常温プロセスで全固体薄膜リチウムイオン電池の試作に成功

記事を保存

産業技術総合研究所(産総研)は、トヨタ自動車と共同で、常温プロセスにおいて、酸化物系固体電解質の薄膜化に成功し、世界で初めてリチウムイオン電池としての動作を確認したと発表した。

電池構造の薄膜化により、高エネルギー密度化が可能となり、また、酸化物系材料を使用しているため、高い安定性や電池構造の簡略化が期待されるという。エネルギー・環境問題への取り組みとして、世界各国で、プラグインハイブリッド車や電気自動車などエコカーの高性能化に向けた開発が行われている。エコカーの性能向上では、高エネルギー密度の次世代蓄電池の技術開発が鍵となっており、その材料と製造方法の両面からのアプローチが求められている。

今回、産総研が開発したセラミックス材料の常温・高速のコーティング技術である「エアロゾルデポジション(AD)法」を用いて、酸化物系の正極材料、負極材料、固体電解質材料を薄膜・積層化して、金属基板上に3層構造からなる全固体薄膜リチウムイオン電池を試作し、蓄電池としての充放電特性を確認した。AD法を用いると基板の加熱が不要で、厚膜化も容易なため、成膜時間の大幅な短縮により、蓄電池の生産性向上やプロセスコストの大幅な低減が期待されるという。両者は、今後、AD法を用いた全固体電池の共同開発を本格的に進めていく考えだ。

次世代蓄電池の1つである全固体型リチウムイオン電池は、従来のリチウムイオン電池の液体電解質を固体電解質に置き換えたもので、不燃性で流動性のない固体電解質を用いるため、1つのケース中に複数の単電池を直列接続で入れるなど制御システムを簡素化できるというメリットがある。それにより、高エネルギー密度の電池パックが製造できると期待されている。しかし、全固体型電池では、イオン伝導度は液体電解質に比べてかなり低いため、電解質層でのイオンの移動性を高めるよう、電気的な絶縁性を保ちつつ電解質層を薄膜化する技術やイオン伝導度の高い固体電解質材料の発見が重要となっていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.