> > 東京都市大学 水素燃料エンジン搭載の水素ハイブリッドトラックを開発

東京都市大学 水素燃料エンジン搭載の水素ハイブリッドトラックを開発

記事を保存

東京都市大学は、日野自動車の協力のもと、同社のハイブリッドディーゼルトラックをベースに、水素燃料エンジンを搭載した水素ハイブリッドトラックを開発した。

同トラックは、ハイブリッドシステムを採用することにより低速トルク(回転力)を向上させるとともに、点火システムの変更により高回転時の出力向上と耐久性の確保を実現したのが特長。ディーゼルエンジン搭載のトラックと同等の動力性能を有しており、宅配便や資源回収車など幅広い用途が想定されている。

水以外の排出物を出さない水素燃料エンジンは、化石燃料を使用するエンジンに代わるものとして、トラックやバスなどの商用車での実用化が期待されている。同大学では、30年以上にわたり水素燃料エンジンを搭載した自動車の研究を行っており、2009年4月には、水素燃料エンジン搭載バスを開発、国内初の公道走行を実現した。その際の分析結果や課題を活かし、新たに水素エンジンとモーターを動力源とする水素ハイブリッドトラックの開発を行ってきた。

今回開発された水素ハイブリッドトラックは、日野自動車製小型ハイブリッドトラック「デュトロ」(排気量4009cc)をベースとしたもの。従来の水素燃料エンジンバスの場合、トルク不足が課題となっていたが、ハイブリッドシステムを採用し、低速域をモーターでアシストしたことにより、力強い加速を実現した。また、従来のトランジスタ式点火方式と対策ケーブルに代わり、新しい点火システムであるCDI方式を採用したことにより、高回転時の出力と点火系の耐久性を大幅に向上させた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.