> > 豊田通商 バイオPET事業のグローバルサプライチェーンを構築

豊田通商 バイオPET事業のグローバルサプライチェーンを構築

記事を保存

豊田通商は、10月29日に、ブラジル国営石油会社PetroleoBrasileiroS.A.(ペトロブラス社)の100%子会社とバイオエタノールの長期引取契約を締結した。これにより、豊田通商は、バイオPETの原料調達から中間加工最終バイオPETの製造・販売まで一貫したバイオPET事業のグローバルサプライチェーンを世界で初めて構築する。今後、両社は連携をさらに強化し、再生エネルギー分野での事業拡大を目指す。

今回の契約により、豊田通商は2012年から10年間にわたり、合計約140万kLのサトウキビ由来のバイオエタノールを引取り(取引金額:約700億円)、全量を同社が行うバイオPET事業の原料とする。同社にとっては、再生可能エネルギー事業においてブラジルとアジアを結ぶ新たなビジネスモデル。これにより、ブラジル産バイオエタノールの安定供給体制の構築及び低炭素化社会の実現を目指す。

ペトロブラス社は、リオデジャネイロ州にある石油製品のトレーディング会社。長期経営計画にて2014年までに総額約18兆円規模の事業投資を計画している。バイオエタノールを含む再生可能エネルギー事業についても積極的に事業展開を図っていく方針を打ち出しており、今回の契約は同社の経営方針に合致したものである。同社にとって初めての大型長期輸出契約であり、年間契約数量は、ペトロブラスグループが予定する2010年度生産量の約20%に相当する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.