> > ユーラスエナジー 米カリフォルニア州に世界最大級の太陽光発電所を建設

ユーラスエナジー 米カリフォルニア州に世界最大級の太陽光発電所を建設

記事を保存

ユーラスエナジーホールディングスは、米国カリフォルニア州において、世界でも最大規模の総出力45MWのメガソーラー(大規模太陽光)発電所の建設を開始すると発表した。総事業費は約2億2000万ドル(約185億円、1ドル=84円で換算)で、操業は2011年6月の開始予定だ。同グループは、米電力大手のNRGグループと共に、同事業を行うための事業会社を設立した。出資比率は50%ずつ。発電した電力は、2009年12月に締結した電力長期販売契約により、操業開始から20年間、カリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社(PacificGasandElectricCompany)に販売する。本事業は、同グループが米国で行う初めてのメガソーラー事業となる。

米国では、政府による補助金などの支援制度の拡充ほか、カリフォルニア州を含む37州で、電力会社に新エネルギー等の利用を一定の割合で義務付けるRPS制度の導入が進められており、太陽光発電市場は、今後も年率40%程度のペース拡大すると期待されている。

ユーラスエナジーホールディングスは、東京電力と豊田通商が出資する国内トップ、世界でも有数の風力発電業者。これまでに6ヵ国190万kWのウインドファームを操業し、2008年には韓国で994kWの太陽光発電事業を開始した。主力の風力発電事業に加えて、今後成長市場である太陽光発電事業にも積極的に取り組んでいく考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.