> > 富士経済 2025年の世界太陽電池市場は09年比5.4倍の約9兆円と予測

富士経済 2025年の世界太陽電池市場は09年比5.4倍の約9兆円と予測

記事を保存

富士経済は、世界の太陽電池関連市場について調査した。世界の太陽電池市場は2009年が1兆6801億円で、2010年は09年比1.2倍の2兆1187億円、2025年は同比5.3倍の8兆9978億円になる見込み。太陽光発電システムの市場の8割を占めるドイツ、イタリア、日本、アメリカ、チェコのトップ5カ国の需要が拡大傾向にあり、中国やインドなどでも導入量増加に向けて動き出している。また、アフリカや南米、中東など日照条件に恵まれた太陽光発電適地も残っており、これらの国々では火力発電の構成比が大きいことから、将来的に太陽光発電システムの代替需要が高まるとみている。これらのことから、中長期的な成長の余地が大きいと予測する。

太陽電池市場は、低価格化が市場拡大の要因となっている。2009年は、最大の需要国であったスペインのFIT制度の改正により市場が冷え込み、その影響を受け原材料価格が下落したことから、結晶シリコン太陽電池の製造コストが大幅に低下した。そのため、市場は金額ベースでは縮小したが、出力容量ベースでは拡大。低価格化に伴い、イタリア、チェコ、ベルギー、アメリカ、フランスなどでも需要が増加しており、短期的にはこうした新興需要が市場拡大を牽引するとみている。

太陽電池の種類別に市場を見ると、現在主流となっている結晶シリコン太陽電池の市場は、2009年が1兆3150億円で、2010年は1兆6000億円となる見込み。2025年は09年比4.3倍の5兆7000億円になると予測する。結晶シリコン太陽電池は、商用太陽電池のなかでは最も変換効率が高く、信頼性も高い。2009年は原材料コストの下落による販売価格の大幅な低下で、薄膜太陽電池の価格に近づき、優位な状況で販売できた。中長期的に見るとコスト削減余地の大きい薄膜太陽電池との競争が激化すると予測する。

その他の太陽電池の2025年の市場は、薄膜シリコン太陽電池が09年比9倍の1兆2200億円、CI(G)S太陽電池が09年比26.4倍の9000億円、CdTe太陽電池は09年比3倍の6000億円となる見込み。CdTe太陽電池は、圧倒的な低製造コストでシェアを伸ばしているが、他の太陽電池に価格面で追いつかれると、有害物質のカドミウムを含んでいることが不利となる。参入企業も少ないため、中長期的には地位は低下していくとみている。

また、太陽電池向けの部材として使用される原料(ポリシリコン、バックシート用樹脂・フィルム、バックシート用接着剤、ペースト用粉体)の市場は、2009年が4314億円で、2010年は5158億円、2025年が1兆2084億円となる見込み。部材の市場は、シリコンインゴット・ウエハが大きなウエイトを占める。2009年が1兆2760億円で、2010年は1兆4808億円、2025年は5兆8695億円となる見込み。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.