> > JFEスチールグループ 宮崎県で、初のメガソーラー発電所建設工事を受注

JFEスチールグループ 宮崎県で、初のメガソーラー発電所建設工事を受注

記事を保存

JFEスチールグループは、国際航業グループの宮崎ソーラーウェイより、1MWのメガソーラー発電所「都農(つの)第2発電所」の建設工事を一括受注した。リニアモーターカー宮崎実験線の高架上、約3.6kmにわたって太陽光発電パネルを設置するという。メガソーラー発電所の受注は、JFEスチールグループとして初となる。着工は2010年9月、竣工は2011年2月、運転開始は2011年春の予定だ。

同発電所は宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、宮崎ソーラーウェイが設置・運営・売電を手掛ける。JFEスチールグループは、国際航業グループの監修のもと、太陽電池モジュールの調達から全体システムの構築、フレーム架台の設計、設置まで一括して受注している。設置される太陽光発電パネルには全て、ソーラーフロンティアが宮崎県内で製造する製品が採用されており、みやざきソーラーフロンティア構想が掲げる地場企業支援にも貢献する。

JFEスチールグループでは、グループの設備システム会社であるJFE電制が、公共・産業用の太陽光発電において10年以上施工実績を重ね、累積設置容量は2010年3月末時点で8.5MWに到達している。今回もJFE電制が元請となり、JFE鋼板の高耐食性溶融めっき鋼板「JFEエコガル®」を架台材料に、JFE鋼管が角型鋼管に成型し、JFEシビルが防食性・鋼材重量軽減を両立させた架台設計を提案するなど、グループ各社の力を結集し、体制を整えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.