JLEDS LED照明飛躍に向け「JLEDSシンポジウム2010」を開催

  • 印刷
  • 共有

JLEDSシンポジウム2010LED照明の最新技術や市場動向について、有識者やメーカー技術者らが論ずる「JLEDSシンポジウム2010」が9月7日、東京で開催された。主催するNPO法人LED照明推進協議会(JLEDS)は、2010年度から10年間を「LED照明普及に向けた飛躍の10年」と位置づけている。会場内では、普及啓蒙に焦点を当てたさまざまな知見が提供され、専門家による積極的な議論が展開された。

まず始めに行われた基調講演では、経済産業省商務情報政策局情報通信機器課の吉本豊・課長が登壇。現在推進中のLED照明関連施策に触れ、エコポイントによる優遇措置や、基盤までさかのぼった技術改革、戦略的な国際標準化が不可欠であると述べた。また、アジア勢の激しい追い上げへの対応策としては、「日本が大規模な投資を思い切って進める時期に来ている」とし、国内市場や雇用を守る政策支援を進めていくと締めくくった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報