> > 三洋電機 兵庫県にエコカー用リチウムイオン電池の新工場が竣工

三洋電機 兵庫県にエコカー用リチウムイオン電池の新工場が竣工

記事を保存

三洋電機は、加西事業所(兵庫県加西市)内にハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)など環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工したと発表した。建屋の工事費は約130億円。同社は、本工場の竣工により、環境対応車用リチウムイオン電池分野において、複数の自動車メーカーに供給できる体制を整備した。特にHEVでは、現在使われているニッケル水素電池に変わり、大容量・高出力のリチウムイオン電池の需要が増加してくるとみられている。当初は月産100万セル体制で生産を開始し、需要に応じて生産規模を拡大していく予定。

同社では、今後需要の急拡大が期待される環境対応車用二次電池の開発と事業を強化している。すでに、米・フォード、ホンダ、独・フォルクスワーゲンへHEV用ニッケル水素電池を供給している。また、HEV用では、フォルクスワーゲングループとリチウムイオン電池システム、仏・PSAプジョーシトロエン社とニッケル水素電池システムの共同開発を進めている。プラグインハイブリッド車用では、スズキの「スイフトプラグインハイブリッド」にリチウムイオン電池を供給し、今秋より実証実験を開始する予定だ。

加西事業所では、現在、HEV用ニッケル水素電池システムの開発・生産を行っている。同社は、リチウムイオン電池の開発・生産拠点である徳島工場に、今秋、各種実験装置を設置した新技術棟を竣工する予定である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.