> > ホンダ 今後10年の方向性を発表、PHVやEVを2012年にも発売

ホンダ 今後10年の方向性を発表、PHVやEVを2012年にも発売

記事を保存

ホンダは、現社長就任から1年を機に、今後10年の方向性を発表した。エコカー開発については、まず、小型車を中心に、ホンダ独自の軽量・コンパクトなハイブリッドシステム「IMAシステム」を搭載したモデルを、今後1年をめどに複数発売する。第一弾となる「フィットハイブリッド」は、今秋日本で発売される予定だ。また、バッテリーについても高性能化も図る。今年後半以降、GSユアサとの合弁会社「ブルーエナジー」より、高出力でコンパクトなリチウムイオンバッテリーの供給を受け、次期「シビックハイブリッド」にも同バッテリーを採用する。さらに、プラグインハイブリッド車や電気自動車を2012年に日米で発売する予定だ。

同社は、四輪車だけでなく、二輪車の低炭素化も進める。電動二輪車「EV-neo」のリース販売を今年12月から法人向けに開始するほか、電動自転車市場が拡大している中国でも、2011年に電動二輪車を発売するとしている。

また、生産体制についても強化を図る。その中で、工場の省エネ対策として、埼玉県の寄居工場を2013年をめどに稼働開始する。同工場では、生産時のエネルギー使用量を最適に制御するシステムの導入や、エネルギーの再利用などにより、狭山工場で同じ車を作った場合と比較して、1台あたりのエネルギー使用量を3割以上削減できるという。

ホンダは、環境意識の高まりや経済構造の変化といった大きな時代変化に対応するために、「良いものを早く、安く、低炭素でお届けする」というシンプルな目標を示した。その中で、これまでの人件費抑制・コスト削減の体制から舵を切り、「環境技術の進化」「生産体制の強化」「新興国事業の強化」という3つの項目に、重点的に取り組む考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.