> > パナソニック 住宅向けに、太陽光発電と蓄電システムの実証試験を開始

パナソニック 住宅向けに、太陽光発電と蓄電システムの実証試験を開始

記事を保存

パナソニックは、6月から住之江工場で、同社の蓄電システムと三洋電機製の太陽電池を組み合わせ、家庭用蓄電システムの実証実験を開始した。本実証実験では、発電能力2.8kWの太陽電池パネルで発電した電力を、蓄電能力6kWhの蓄電システムに蓄え、事務棟で必要な電力の一部をまかないながらデータを収集する。

今回、同社が導入する蓄電システムは、現在開発中のリチウムイオン電池モジュール4個と充電器で構成される。リチウムイオン電池モジュールは、ノートパソコンなどに内蔵されているニッケル系正極を用いた高容量・高耐久性のリチウムイオン電池140個から成る。同モジュールを組み合わせることで、家庭用蓄電や電気自動車用動力源など、様々な用途での利用が可能になるという。同社は、リチウムイオン電池を用いた蓄電システムおよびバックアップ電源で、2018年には現在の100倍を超える2500億円の需要を見込んでおり、家庭用太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及に伴って家庭用蓄電池の需要も拡大するとみている。同社は、今回、リチウムイオン電池モジュールの展開例として、家庭用蓄電システムの実証実験を行い、2011年度の事業化を目指す。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.