> > 新エネルギー導入促進協議会 09年度電力10社の余剰電力購入実績を発表

新エネルギー導入促進協議会 09年度電力10社の余剰電力購入実績を発表

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会は、2009年度の電力10社による余剰電力購入実績を発表した。2009年度の同実績は、契約容量については2008年度の1691077kWに対し1.27倍の2159847kW、契約件数については2008年度の456284件に対し1.26倍の579281件であった。

同協議会の資料によると、余剰電力購入実績は、2001年度以降、契約容量、契約件数ともに、右肩上がりで増加している。契約容量の増加分の推移を見ると、2007年度が182654kW、2008年度が182430kWであるのに対し、2009年度は468770kW(2008年比2.56倍)だった。一方、契約件数の増加数は、2007年度が49717件で、2008年度が50386件であるのに対し、2009年度は122997件(2008年比2.44倍)だった。住宅用太陽光発電システム市場は、2009年1月より国の設置補助金制度が復活し、11月より余剰電力の新たな買取制度が開始されたことで好調だ。こういった制度が功を奏し、2009年度は、契約容量・件数共に大幅に伸長する結果となった。

同協議会では、太陽光発電システムの余剰電力購入実績について、全体像を把握する資料の一つとして、とりまとめて発表している。2005年度までは、補助金制度の申請件数や出力に基づいて、国内の太陽光発電システムの導入件数・出力を類推してきたが、補助制度が終了した2006年度以降は、各電力会社の協力を得て、余剰電力購入制度を活用した電力受給契約の件数及び契約容量を調査している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.