> > 三菱化学・三菱レイヨン 事業再編・統合で年30億円のシナジー効果を創出

三菱化学・三菱レイヨン 事業再編・統合で年30億円のシナジー効果を創出

記事を保存

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)傘下の三菱化学(MCC)と三菱レイヨン(MRC)は、水処理関連事業の再編及びエンジニアリング事業の統合を行う。統合エンジニアリング会社の年間売上は1000億円。年間30億円以上のシナジー効果創出を目指す。

具体的には、以下の手続きを行う。
①2010年7月1日付で、MRC全額出資のエンジニアリング会社である三菱レイヨン・エンジニアリング(MRE)が、MRCに対し、水処理関連事業を移管する。
②2010年10月1日付で、MREがMCC全額出資のエンジニアリング会社である三菱化学エンジニアリング(MEC)に対し、エンジニアリング事業を譲渡する。これによりMCCとMRCのエンジニアリング事業を統合する。
③2010年10月1日付で、MCCが10%ならびにMECが90%出資する日本錬水(NRC)の全株式をMRCに譲渡する。これによりMCHCグループの主要水処理関連事業をMRCに統合する。

MCCとMRCでそれぞれ実施していた水処理関連事業をMRCに集約することで、MRCの膜分離活性汚泥技術とNRCの純水製造技術との組合せによる産業排水再生ビジネスの拡大や、MRCの精密濾過技術とNRCのイオン交換樹脂技術との組合せによる各種用水製造ビジネスの拡大などを図る。また、技術要員を一体化することで生産技術力や営業力を強化したい考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.