> > 矢野経済研究所 2020年の国内レアメタル需要は09年比1.5倍と予測

矢野経済研究所 2020年の国内レアメタル需要は09年比1.5倍と予測

記事を保存

矢野経済研究所は、自動車産業、主要省エネルギー製品、主要電気製品の3需要分野を対象に、輸出を含む国内レアメタル(希少金属)の需要予測を調査した結果を発表した。本調査対象の3需要分野における2009年のレアメタル需要量は198.8万tで、2015年は272.2万t、2020年は2009年比で約1.5倍の295.4万tに大きく拡大すると予測する。

2009年の需要分野別構成比は、自動車産業が88.4%、主要省エネルギー製品が8.7%、主要電気製品が2.9%で、約9割を自動車産業で占めた。2020年までに、3分野の構成比に大きな変化はないとみている。また、2009年について鉱種別にみると、クロム(Cr)、マンガン(Mn)、ニッケル(Ni)、マグネシウム(Mg)、コバルト(Co)の5鉱種で約9割の需要量を占めた。今後、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)などのエコカー(リチウムイオン電池やモータ)をはじめ、LEDや太陽電池、燃料電池、風力発電などの省エネ関連製品が需要を牽引し、多くの鉱種での需要拡大が見込まれる。鉱種別では、ニッケル(Ni)、タングステン(W)、コバルト(Co)、バナジウム(V)、マグネシウム(Mg)、リチウム(Li)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)、ネオジム(Nd)、ディスプロシウム(Dy)、インジウム(In)が急伸し、安定確保に向けた取り組みが重要となる。

分野別の動向では、自動車産業では、Cr、Mn、Niが大きなウェイトを占め、エコカー向けではNdやDy、Li等の需要が拡大している。主要省エネルギー製品では、2009年のレアメタル需要量はリチウムイオン電池が中心で、特に正極材料向けのCo、Mn、Niの占める割合が高かった。今後は燃料電池や太陽電池、LED製品市場の本格展開に伴い、レアメタル需要が拡大すると予測する。主要電気製品では、今後の注目点として、コンデンサーを中心とするNiの需要拡大と、タッチパネルや電子書籍といったアプリケーションの立ち上がりに伴う、透明電極材料であるインジウム(In)の需要拡大をあげる。枯渇問題も指摘されるIn等は、国をあげて、材料組成変更及び薄膜化による使用量削減と代替材料開発が行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.