> > 三菱電機 米国で上下水道の水処理施設用オゾンシステムを3件受注

三菱電機 米国で上下水道の水処理施設用オゾンシステムを3件受注

記事を保存

三菱電機は、米国で上水道・下水道等の水処理施設に使用する「オゾンシステム」を3件受注した。周辺工事を含め、受注総額は約8億円。北米では、近年上下水道を中心に、オゾン(O3)を用いた水処理技術の利用が広がっており、オゾン市場の規模は年間100億円といわれている。同社は、今回の受注を足がかりに、北米市場での販売を強化していく考えだ。

上下水道では、異物の除去をはじめ、殺菌、有機物除去、脱臭、脱色などの水質改善処理が行われる。オゾンシステムは、殺菌力や酸化力に優れ、脱臭・脱色効果を持つオゾンを利用した水処理システムで、処理後は分解されて無害な酸素に戻るため、水質改善効果が高く、環境負荷が少ない水処理技術として注目されている。同社は、1968年に、放電技術を応用してオゾンを発生させる水処理システム「オゾナイザ」を発売し、国内では1600台以上を納入している。北米市場へは2004年に参入し、これまでに19件の受注実績がある。

「オゾナイザ」は、1台当たりのオゾン発生量が1kg/時の小容量案件から50kg/時の大容量案件まで対応可能な製品が、幅広くラインアップされている。今回受注したのは、航空基地において地下水をオゾンで高度浄化処理して飲料水にするシステム2台(オゾン発生量5.8kg/時)、下水処理場において処理した下水を消毒・浄化してから川へ放流するためのシステム2台(同53.03kg/時)、淡水魚養魚場において養魚場内の池の水を浄化するシステム1台(同2.9kg/時)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.