> > 三菱自動車 香港で海外初「i-MiEV」の個人向け販売を開始

三菱自動車 香港で海外初「i-MiEV」の個人向け販売を開始

記事を保存

三菱自動車は、香港で、5月21日より電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を開始すると発表した。海外市場で「i-MiEV」が個人向けに販売されるのは初となる。価格は395000香港ドル(約454万円)で、2010年末までに個人向けに50台の販売を見込む。

販売は、同社の香港における輸入・販売会社ユニバーサル・カーズ・リミテッド(UCL)が行う。UCLは、2009年12月以降、香港特別行政区政府や香港の法人向けに量産型「i-MiEV」を約30台納車している。また、香港政府は、2009年5月に「i-MiEV」の実証走行試験車を導入し、香港での市場調査や、電力会社と共同での充電インフラ整備を進めている。

三菱自動車は、2009年度、日本国内の自治体や法人を中心に約1400台の「i-MiEV」を販売し、4月からは個人向け販売を開始している。また、今年末からは、欧州市場向けに左ハンドル仕様車の投入を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.