> > リチウムエナジージャパン EV5万台分のリチウムイオン電池工場を建設

リチウムエナジージャパン EV5万台分のリチウムイオン電池工場を建設

記事を保存

GSユアサと三菱商事、三菱自動車が共同出資するリチウムエナジージャパンは、滋賀県栗東市内に電気自動車(EV)用リチウムイオン電池を製造する新工場を建設すると発表した。新工場の稼働予定は2012年度初めで、年間で三菱自動車のEV「i-MiEV」5万台分に当たる、リチウムイオン電池440万セルを製造する。設備投資額は総額375億円となる見込み。本事業は、経産省の平成21年度「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」に採択されており、最大50億円の補助金を受ける予定。

リチウムエナジージャパンでは、昨年6月より、草津工場の1号ラインで年産20万セル(「i-MiEV」2300台分)のリチウムイオン電池を量産している。また、今年6月からは、増設した2号ラインで年産40万セル(同4500台分)の増産を始め、草津工場の生産量を年産60万セル(同6800台分)まで引き上げる。さらに、京都工場(GSユアサ京都事業所内)において増産ラインの建設を進めており、12月から年産100万セル(同11000台分)の出荷を開始。今年中に1万台を超える規模の量産ラインの稼働を目指している。2012年度下期には、栗東新工場がフル稼働となり、全工場による総生産能力は年産600万セル(同67800台分)となる。同社は、長期的には国内10万台相当のリチウムイオン電池の供給体制を整備する方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.