> > 名古屋大学 リチウムイオン電池の安全性を向上させる電解質を開発

名古屋大学 リチウムイオン電池の安全性を向上させる電解質を開発

記事を保存

名古屋大学は、NEDOの産業技術研究助成事業の一環として、リチウムイオン電池の安全性を向上させる、新しいタイプのハイブリッド型電解質の開発に成功したと発表した。

ハイブリッド車や電気自動車などエコカーへのリチウムイオン電池の活用が本格化しており、正極や負極とともに安全性を向上させる電解質の開発が求められている。リチウムイオン電池を構成する電解質は、エチレンカーボネートとジメトキシエタンの混合溶媒など各種有機溶媒やそれを含有する高分子ゲルが一般的だが、揮発性・可燃性が高いため、現状では安全性で多くの課題を抱えている。今回開発した電化質は、イオン液体やホウ素化合物などの難燃性成分と多糖類からなる有機・無機ハイブリッド型で、リチウムイオン電池の安全性を飛躍的に高めながら、優れたイオン伝導度特性を備えている。燃料電池など環境・エネルギー分野への応用も期待できるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.