> > NEDOほか アオコからバイオ燃料源となる油分を低コストで抽出

NEDOほか アオコからバイオ燃料源となる油分を低コストで抽出

記事を保存

NEDOの産業技術研究助成事業の一環として、電力中央研究所・エネルギー技術研究所は、藻類(アオコ)からバイオ燃料源として期待される「緑の原油」を常温・高収率で抽出する方法を開発したと発表した。

この方法は、同研究所が開発した、液化ジメチルエーテル(DME)の吸水性を利用して常温で脱水する技術を、微細藻類からの有機物(油分)の抽出に応用したもの。従来は、脱水のために機械処理で圧搾や遠心分離を行い、その後乾燥・有機溶剤の使用などの工程を経ていた。DMEを用いる方法では、脱水・乾燥工程を簡素化し、使用エネルギーも大幅に削減できるため、低コストで環境に優しい油分抽出システムを実現できるという。今後は、早期実用化に向け、様々な藻を用いた実験や、「緑の原油」の濃縮技術の開発などを進める予定だ。

アオコは、富栄養化が進んだ湖沼等において水面を覆うように大量発生する藻類の一種。生態系の破壊や漁業への障害、悪臭で取水源として利用できなくなるなど、様々な悪影響があり、有効活用に向けた用途開発が進められている。また、「緑の原油」とは、微細藻類の細胞に含まれる油分の総称で、食物と競合しないバイオ燃料源になり得るとして注目されている。しかし、微細藻類は多量の水を含んでいることから、「緑の原油」を抽出するためには、乾燥や細胞壁の破壊、有毒な溶剤の使用及び除去といった複雑な工程と、それに伴い多くのエネルギーを使用することが障壁となっていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.