> > 住友大阪セメント ごみ焼却灰・ばいじんをセメント原料に再利用

住友大阪セメント ごみ焼却灰・ばいじんをセメント原料に再利用

記事を保存

住友大阪セメントは、兵庫県環境クリエイトセンターと共同で、ごみ焼却灰及びばいじんをセメント原料としてリサイクルする事業を開始する。両社は、市町のごみ焼却場から排出される焼却灰・ばいじんを集積し、セメント原料の基準に適合するように、粗砕・異物除去・除塩処理を行う前処理施設を新設する。

施設の建設地は、住友大阪セメントのセメント工場である赤穂工場(兵庫県赤穂市)に隣接する同社の遊休地。前処理された焼却灰・ばいじんは、全量を赤穂工場でセメント原料として再資源化する。年間処理能力は、焼却灰が26000t、ばいじんが6000t。今年6月に施設が完成し、試運転期間を経て、8月からセメントリサイクル事業を開始する予定。

兵庫県環境クリエイトセンターは、兵庫県下全市町参加して発足。県下における資源循環システムのコーディネーターとしての役割とともに、市町・事業者の要請を受け、既存の受け皿では処理が困難な廃棄物の処理業務を担っている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.