> > 大京 今年4月以降、マンション駐車場にEV用充電コンセントを導入

大京 今年4月以降、マンション駐車場にEV用充電コンセントを導入

記事を保存

コンセントは立体駐車場操作盤用の鍵でのみ開閉できるボックス内へ設置し、電力料金相当分を駐車場使用料に含む課金システムとする予定。充電時間は、自動車の種類等によっても異なるが、搭載する電池容量が20kWh程度の場合、200V(15A)で約8時間になる見込み。設置対象の駐車場は「平地式」、「自走式」、「機械式(単純昇降式)」、「機械式(パズル式の接地階のみ)」。

同社は、充電コンセント導入の第1号として、3月に竣工予定の「ザ・ライオンズたまプラーザ 美しが丘」において、扶桑エンジニアリング製のEV用充電コンセントを設置した立体駐車場を設置する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.