日立、トルコ通信大手の省エネ化に貢献 空調コスト約60%減

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

日立製作所(東京都千代田区)は11月29日、同社のストレージプラットフォーム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」を導入した、トルコ通信大手のトルコテレコム社の効果などを明らかにした。

省エネとともに、レスポンス速度は5倍に向上

VSPは、データセンター向けのコンピュータデータストレージシステム。仮想化技術をもとに、大容量データへのより高速アクセスを可能にする。

トルコテレコム社は今回、新型VSP「5000シリーズ」を導入し、アプリケーションのレスポンスタイムが5倍に向上するなど、パフォーマンスが劇的に改善した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事