> > 古河電工、ペットボトルをリサイクル より強化・軽量化した「発泡成形体」を開発

古河電工、ペットボトルをリサイクル より強化・軽量化した「発泡成形体」を開発

記事を保存

古河電工は、環境負荷低減と軽量化を目的に、PETボトルを粉砕したリサイクルPETフレークを原料として、2倍まで発泡させる発泡成形体を開発したことを発表した。

この発泡成形技術を用いることで、既存のPP(ポリプレピレン)樹脂の成形品よりも軽く、かつ硬くすることが可能。これによりPET再生材の使用用途が大きく広がることになり、プラスチック容器や家電製品等に幅広く使用されているPP樹脂成形品の代替として製品化していく予定。

現在、PETボトルの年間販売量は595千トン、2010年の回収量は429千トンとなっている。しかし、その使用用途は再生材として繊維などにリサイクルされる一方で、まだまだ限定されているのが現状だ。

今回開発された発泡成形体は、軽量性と高剛性を実現しており、3次元形状に対応した精度のある成形体を作ることも可能。また、発泡には化学発泡剤を使用していないので、有害なガスや化学発泡残渣が残ることがなく、環境特性にも優れている。さらに、発泡倍率の変更や強化材の配合により、目的に合わせた剛性の調整も可能。

例えば、従来のPP樹脂製であった成形品をリサイクルPETの2倍発泡品に置き換えることで、約30%の軽量化が可能。この場合でも、剛性はPP樹脂の80%程度維持できる。また、リサイクルPETのほかに、PPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂などのスーパーエンジニアプラスチックや、PBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂などの汎用エンジニアプラスチックにも適用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.