> > 岩手県、被災住宅・事業所への太陽光発電の設置に補助金を交付

岩手県、被災住宅・事業所への太陽光発電の設置に補助金を交付

記事を保存

岩手県では、東日本大震災により被災を受けた住宅や事業所等に設置する太陽光発電システムについて、補助金を交付する。補助額は1kW当たり4万8千円。交付申請は2013年1月31日まで。但し、予算の範囲を超える場合は、申請受付を終了する。

本事業は、被災家屋等へ災害等に、停電時においても一定の電力を供給することができる太陽光発電システムの導入を促進するために実施するもの。補助対象は、被災者が県内の被災家屋等に、新たに太陽光発電システム(上限は10kW未満)を設置する場合。自ら居住していた家屋(個人)、または、工場・事務所等の事業所(個人・法人)が被害(全壊、大規模半壊、半壊又は一部損壊)を受けて罹災を証明する書類の交付を受けた場合が対象となる。国や市町村の補助金との併用はできるが、県の他補助金との併用は不可。

交付申請は、設置工事着手日の15日以前に行う。交付請求は2013年2月28日まで(工事完了後30日以内であること)。

参考1:岩手県 - 平成24年度 岩手県被災家屋等太陽光発電導入費補助金
参考2:岩手県内の自治体の補助金情報一覧

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.