> > JR東日本、鉄道電力システムへ回生電力や太陽光発電電力を利用

JR東日本、鉄道電力システムへ回生電力や太陽光発電電力を利用

記事を保存

JR東日本は、電車が停止するときに発生する回生電力と、鉄道関連用地に多くの導入可能性がある太陽光発電電力を有効利用するために、鉄道電力システムへのスマートグリッド技術の適用の取り組みを開始すると発表した。

スマートグリッド技術とは、ICT技術と電力機器技術を組み合わせ、使いきれない電気を貯めたり、別の場所へ送ったりすることで、エネルギーの一層の効率的・効果的な利用を実現する技術のことをいう。同社では、これまで、自営発電所等の設備更新や蓄電池駆動電車の試験など、エネルギー分野の新技術導入に取り組んできた。その一環として、エネルギー利用の一層の効率化を目指し、回生電力や太陽光発電の電力を、「貯めて使う」、「遠くで使う」ための「スマートグリッド技術」を適用する検討を進めてきたが、今回、5月に青梅線での電力貯蔵システムの基礎的な試験に着手するのを皮切りに、5月以降、フィールドでの試験や実用化を順次進めていく。鉄道電力システムへ「スマートグリッド技術」の適用する最初の取り組みとなる。

具体的な取り組みは、1.電力貯蔵装置などを用いた回生電力の有効利用、2.太陽光発電など自然エネルギーの効果的導入、3.スマートメーター等による自動的な節電の検証、の3つ。1では、「回生電力を貯めて使う電力貯蔵装置」「回生電力を別の電気回路に送る電力融通装置」について、実設備での取り組みを実施する。2では、太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、夜間にも太陽光発電で発電した電力を有効利用するゼロエミッションステーションを東北本線平泉駅で実現するほか、余った太陽光発電電力を遠くの駅へ送る技術についての取り組みを実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.