> > 神奈川県の集合住宅で「創エネリノベーション」 太陽光、エネファーム、蓄電池を導入

神奈川県の集合住宅で「創エネリノベーション」 太陽光、エネファーム、蓄電池を導入

記事を保存
神奈川県の集合住宅で「創エネリノベーション」 太陽光、エネファーム、蓄電池を導入

JX日鉱日石エネルギーは、横浜市で既設の集合住宅にリノベーションを施すと同時に、家庭用燃料電池エネファーム(SOFC型)、太陽光発電、蓄電池などからなる自立・分散型エネルギーシステムを設置した「ENEOS創エネリノベーション」の実証試験を6月より開始することを発表した。

2014年度末までの約3年間、社員による居住実証を行い、創エネとリノベーションの相乗効果によるトータルでの環境負荷低減を検証。将来的には、戸建住宅を含めたコミュニティでの、環境に優しくエネルギーセキュリティにも優れた「スマートコミュニティ」の実現に貢献していきたい考えだ。

具体的には、築40年近くを経た横浜市磯子区の社宅を選定し、そのリノベーションに合わせて3電池などを導入。6台設置するエネファームは、当該16世帯におけるベースの電源と熱源(貯湯・給湯設備)として24時間定格運転する。エネファームと太陽光発電の余剰電力は、蓄電池に充電し夕方・夜間に使うとともに、ヒートポンプ式給湯機によって熱(温水)に変換して利用する。

また、東芝が開発したエネルギーマネジメントシステムにより、各家庭における省エネ、集合住宅全体での効率的なエネルギー利用などを促進。これらの運用により、エネルギーの地産地消を最大限行い、電力自給率80%、電気とお湯の使用に伴うCO2排出量50%削減を目指す。さらに、3電池の連携により、系統停電時にも一定の電力・熱の供給を可能とする自立機能の検証も行う。

なお、同実証試験は、東芝、三井不動産レジデンシャルとともに共同参加している、経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一つである「横浜市スマートシティプロジェクト」の一環として実施される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.