> > 双日と明電舎、回生電力貯蔵装置など香港地下鉄向け変電設備を受注

双日と明電舎、回生電力貯蔵装置など香港地下鉄向け変電設備を受注

記事を保存
双日と明電舎、回生電力貯蔵装置など香港地下鉄向け変電設備を受注

双日と明電舎は、香港を拠点とするジーテック社と協力し、香港の地下鉄及び鉄道ネットワークを運営する香港鉄路向けに、鉄道変電設備を約25億円で受注した。今回受注した機器は、変圧器、開閉装置、回生電力貯蔵装置「キャパポスト」など変電設備一式。キャパポストの海外での受注は、今回が初めて。

キャパポストは、明電舎が独自に開発した電気二重層キャパシタを使用した電力貯蔵装置で、変電所に設置される。電車がブレーキをかける際、運動エネルギーを電気エネルギーに変換する事によって生じる回生電力を吸収し、他の走行中車両に供給することによって電力を再利用するもの。これにより消費電力を5~10%削減し、CO2排出量の削減にも貢献する。

今回受注した機器は、MTR社が2015年開業に向けて建設中の地下鉄新路線 南港島新線向けのもので、省電力効果の高い鉄道システムとしての評価を受け、採用が決定した。香港島のセントラル地域にあるアドミラルティ駅からサウスホライズン駅までを接続する全長約7キロの路線で、これにより香港島が初めて南北方向に地下鉄で接続されることになる。双日と明電舎は、アジア有数の鉄道事業者であるMTR社での採用を契機に、キャパポストの海外での販路を拡大していきたい考えだ。

明電舎は、国内の鉄道事業者向けに数多くの変電機器の納入実績を持つ電気機器メーカー。 双日は、香港を含めたアジアや北米を中心に鉄道関連機器を50年以上販売している総合商社。両社は、2011年にジーテック社と共同で、西港島新線及び観塘線延伸線向けに鉄道変電機器一式を受注し、これによりMTRが現在建設中の3つの新路線向けの全てに明電舎製の鉄道変電機器が採用された。さらに1998年に開業した香港新国際空港、九龍、香港島を結ぶ空港アクセス線などにも鉄道変電設備を納入した実績があり、MTR向け変電機器の納入ではトップシェアを誇る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.