> > 双日と明電舎、回生電力貯蔵装置など香港地下鉄向け変電設備を受注

双日と明電舎、回生電力貯蔵装置など香港地下鉄向け変電設備を受注

 印刷 記事を保存

双日と明電舎は、香港を拠点とするジーテック社と協力し、香港の地下鉄及び鉄道ネットワークを運営する香港鉄路向けに、鉄道変電設備を約25億円で受注した。今回受注した機器は、変圧器、開閉装置、回生電力貯蔵装置「キャパポスト」など変電設備一式。キャパポストの海外での受注は、今回が初めて。

キャパポストは、明電舎が独自に開発した電気二重層キャパシタを使用した電力貯蔵装置で、変電所に設置される。電車がブレーキをかける際、運動エネルギーを電気エネルギーに変換する事によって生じる回生電力を吸収し、他の走行中車両に供給することによって電力を再利用するもの。これにより消費電力を5~10%削減し、CO2排出量の削減にも貢献する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.