環境省、「家庭エコ診断」を行う事業者を採択、受診家庭の募集を開始

  • 印刷
  • 共有

環境省は、プロジェクト「クールサマー2012」の一環として進めている「家庭エコ診断」事業において、家庭エコ診断を試行的に実施する民間事業者を採択し発表した。また、これに伴い、地方公共団体と連携して行う地域単位での家庭エコ診断の受診家庭の募集を6月1日から開始する。

「家庭エコ診断」は、各家庭におけるCO2排出状況を的確に把握し、対策メニューとその効果を分かりやすく示す診断ツールを用いて、実際に診断員が公平かつ正確なアドバイスを行うもの。環境省では、今後、環境省が用意する専用ソフトを用いて、各家庭に省CO2・省エネ対策を提案する「うちエコ診断」の実施者を、「環境コンシェルジュ」として位置付ける制度の導入が予定されている。今回は、その創設に向けて、中核となる「家庭エコ診断」の取り組みをさらに広げていくため、環境省の委託事業として、家庭への診断の試行事業を行う民間事業者を、3つのタイプに分類し採択した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事