> > 三菱重工、燃料電池複合発電「トリプルコンバインドサイクル」の要素技術の開発を開始

三菱重工、燃料電池複合発電「トリプルコンバインドサイクル」の要素技術の開発を開始

記事を保存

三菱重工業は、固体酸化物形燃料電池(SOFC)とガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)を組み合わせた燃料電池複合発電「トリプルコンバインドサイクル」の要素技術の開発を開始すると発表した。

本技術開発は、NEDOの公募研究「固体酸化物形燃料電池を用いた事業用発電システム要素技術開発」に対する提案が採択されて実施するもので、期間は平成24年度から2ヵ年の予定。

トリプルコンバインドサイクル(Triple Combined Cycle)は、高温で作動するSOFCをGTCCの上流側に設置することで、SOFC、ガスタービン、蒸気タービンの3段階で電気を取り出す燃料電池複合発電システム(FCCC:Fuel Cell Combined Cycle system)。同社では、現在の天然ガス発電設備の発電効率を10~20ポイント上回ることができる有望な技術として位置付けている。蒸発潜熱を含まない低位発熱量(LHV)は、数十万kW級では70%以上、数万kW級では60%以上に達する世界最高水準の発電効率が見込まれている。

今回開発するのは、SOFCとガスタービンの連携に必要となる要素技術。SOFCとしては高圧力環境下(~3.0MPaG)での特性や耐久性の検証、ガスタービンとしてはガスタービン本体の改造や燃焼器の開発で、SOFCとガスタービンの連携を模擬した発電検証も行う予定だ。

同社では、SOFCの大規模発電システムとしての可能性に着目し、1980年代から要素・システム両面の開発を進めてきた。GACCにSOFCを組み合わせたトリプルコンバインドサイクルについては、2010年度からは本格的な開発に向け、東北電力と共同研究を開始している。今回の要素技術開発の成果を踏まえて、実用化に向けた開発を推進していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.