> > ホンダ、東京モーターショーに電動バイク、電気自動車の次世代7モデルを出展

ホンダ、東京モーターショーに電動バイク、電気自動車の次世代7モデルを出展

記事を保存

ホンダは、第42回東京モーターショー2011に、コンセプトモデルを含む二輪車、四輪車及び汎用製品などの展示物を出展することを発表した。

今回は「にんげんの気持ちいいってなんだろう」をブースコンセプトに、未来のモビリティーライフを提案。未来都市型の二輪、三輪、四輪コミューターをはじめ、中・長距離型コミューター、スポーツ系モデルなど、次世代電動モビリティーコンセプト7モデルを出展する。

四輪車は、次世代プラグインハイブリッド車「AC-X」、マイクロサイズ未来都市型電動コミューター「MICRO COMMUTER CONCEPT」など、二輪車は、MICRO COMMUTER CONCEPTに搭載できるコンパクトなEVコミューター「MOTOR COMPO」、ホンダ独自の三輪スクーターにEVシステムを搭載した次世代コミューター「E-CANOPY」などを出展予定。

そのほか、四輪車は、新たな軽乗用車シリーズ「N CONCEPT」を展示し、その第一弾モデルとなる「N BOX」を発表。二輪車は、新開発のグローバル700ccエンジンを搭載した「NC700S」「INTEGRA」「NC700X」や「CRF250L」などの市販予定車を含む各種モデルを出展する。

また、同会場内で行われる日本自動車工業会主催の「SMART MOBILITY CITY 2011」では、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「EVモンパル」、ホンダが独自に開発した「ガスエンジンコージェネレーションユニット」や「太陽光発電システム」などの組み合わせによる、家庭生活でのCO2低減を目指した「ホンダスマートホームシステム」の展示や、実証実験の取り組みなども出展する。

同社は、今月、中国・広州で電気自動車の実証実験を開始するなどエコカーの開発、普及を加速させていて、今回のモーターショーでは、その最新技術の一端を肌で感じることができそうだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.