> > 協和電線、電気自動車の非接触充電システム用ケーブルを開発

協和電線、電気自動車の非接触充電システム用ケーブルを開発

記事を保存

古河電工グループの協和電線は、電気自動車(EV)の非接触充電システムに使用する、埋設型高周波電流供給ケーブル「KANZACC〜EMIC-One」を開発した。すでに本製品について特許の出願も終えている。2011年11月からサンプル出荷を始め、2013年度に1億円の売り上げを目指す。

非接触充電システムとは、ケーブルやコネクタなど物理的な接触なしで、EVに電力を供給するシステム。ショッピングセンター駐車場や、交差点などに送電ユニットを埋め込んでおけば、その上に停車するだけで充電が可能となる。

今回開発した製品は、非接触充電システムの電源盤から地表側の一次コイルに高周波大電流を供給するケーブルで、効率よく供給するために導体には多芯絶縁線を使用して、単線導体で発生する表皮効果による交流抵抗の増加を改善した。これにより、導体温度上昇の抑制、使用機器の効率化、小型化、省エネを実現する。

また、ケーブルは地中埋設されるため、ケーブル外周全体を凹凸のついた波付金属管で覆うというコルゲート(波型)加工を施し、ケーブル全体を保護している。さらに、敷設時の作業性向上のために、多芯導体の端末はコネクタ付けを施しており、ケーブルを定尺化してセット販売を行なう予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.