> > 三菱自など、日本初マンション向けEV専用カーシェアリングシステムを開発

三菱自など、日本初マンション向けEV専用カーシェアリングシステムを開発

記事を保存

三菱自動車は、オアシスソリューション、サイトレックとともに、日本初のマンション向け電気自動車(EV)専用カーシェアリングシステムを共同開発し、1月中旬より「MiEV SHARE SYSTEM(仮称)」として販売を開始する。

同システムは、マンション向けかつEV専門のシステムに特化しているのが特長。3社は、同システムを通じてカーシェアリングおよびEVの普及拡大を目指す。

同システムは、マンションの敷地内にカーシェアの貸し出しステーションを設け、マンション居住者のユーザーはパソコンや携帯電話などの端末を通じてインターネット経由で利用日時をリアルタイムに予約することができる。

車両貸出しに際しては、予約管理されたキーボックスから鍵を取り出し、使用後にキーボックスに返却するシステムを採用。これにより従来の車載機型システムでは不可能だった車以外のバイクや自転車など複数のシェアリングサービスへの拡張性を備えた。

最も大きな特徴は、従来にはないEVに特化した予約管理機能を低価格で構築した点。ガソリン車用システムをEVにも流用したケースはあるが、同システムではカーシェアリングの予約の段階から充電時間を考慮した利用や、車両返却時に充電がなされなければ警告されるというEVならではの課題にも対応している。

また、従来のカーシェアリングでは、自宅から貸出しステーションまでの距離が遠く、利用に不便を感じるという声があったが、同システムはマンションの敷地内に貸出しステーションを設けられることから、利便性が向上し、カーシェアリングをより身近に感じることができる。

震災の影響もあり、マンションにおける災害時の非常電源の備えが求められているが、三菱のEV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の蓄電池には、一般家庭の1日〜1,5日分の電力を蓄える事ができるので、カーシェアリングだけでなく、災害時の非常用電源としても期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.