> > パナソニック、マレーシアに太陽電池の新工場を建設し12月から生産開始

パナソニック、マレーシアに太陽電池の新工場を建設し12月から生産開始

記事を保存

パナソニックは、今年12月にマレーシアに太陽電池生産の新たな拠点として、パナソニック エナジー マレーシアを設立し、ウエハからセル、モジュールまで一貫生産を行う新工場を建設する。新工場の年間生産能力は300MWで、来月より生産を開始する。

同工場の資本金は9億2,000万リンギット(約225億円)。投資金額は450億円。建屋面積は約7万平米。従業員数は約1,500名。

太陽電池市場は、世界的な環境意識の高まりや、日本をはじめ各国における補助金制度・電力買取制度の導入等によって、今後もさらなる拡大が見込まれている。なかでもHIT(R)太陽電池が多く使われる住宅用を中心に高い需要が期待されている。

同社は、今回の新工場建設により、太陽電池の生産量を拡大し、市場の要請に応えるとともに、ウエハ、セル、モジュールの一貫生産を実現することで、コスト競争力のさらなる強化を図りたい考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.