> > JSRグループ、高効率の次世代水道メーター技術、開発へ

JSRグループ、高効率の次世代水道メーター技術、開発へ

記事を保存

JSRとその米国現地法人JSR Micro,Inc.、およびJSRグループのリチウムイオンキャパシタ事業会社JMエナジーは、水資源管理ビジネスを展開する米国のCapstone Meteringとインテリジェント水道メーターにおいて、共同開発契約に合意した。

Capstoneの開発した「IntelliH2O」は、水道メーターにリモート通信技術を応用した自己発電式インテリジェント水道メーター。リアルタイムで水道システムの管理を行うことにより、水を節約し人手による検針を不要にできるのが特徴。JSRグループは、同契約を通じて、Capstoneの技術にJMエナジーの製造するリチウムイオンキャパシタ(LIC)をあわせ、効率の良い次世代水道メーターとそれに関係する技術を開発する。

Capstone最高執行責任者のジェームス・ライス氏は、「新しい蓄電装置(LIC)は、既存の蓄電装置に比べて電圧が高いことに加えて充電速度が速い装置です。これは、一定の速度で流れない水流からエネルギーを溜めることにとても適していると思っています。この蓄電装置に私たちの技術を組み合わせることで、機能を向上させた次世代の水道メーターを提供することが可能になります」とコメントしている。

なお、Capstone Meteringは、米国テキサス州に本拠地を置き、自己発電式インテリジェント水道メーターの開発など水ビジネスを展開する企業。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.