> > IHI、シンガポールと未利用のバイオマス資源の共同研究を開始

IHI、シンガポールと未利用のバイオマス資源の共同研究を開始

記事を保存

IHIは、シンガポール共和国科学技術研究庁傘下の化学工学研究所(ICES:Institute for Chemical and Engineering Sciences)と環境およびエネルギーに関する研究開発を共同で行うことで合意したと発表した。

近年の化石燃料の価格高騰や安定供給の確保、CO2排出量の抑制などの課題に対応するためには、未利用資源の有効活用を促進することが求められている。本提携により、IHIとICESは、今後、非在来型の化石資源や未利用のバイオマス資源を、エネルギー源や化学原料として効率良く活用できる技術について共同で開発を進めていく。

IHIは、藻類バイオ燃料の研究や海流発電システムの開発に着手するなど、バイオマス、廃棄物などを付加価値の高い化学原料やクリーン燃料に変換する触媒およびプロセスの研究開発を進めている。ICESは、バイオ、触媒、有機・高分子など幅広い分野の化学工学に関する研究開発を行う研究機関で、基礎研究からスケールアップまで対応できるのが特徴。IHIは、両者のノウハウや専門性を活かしてコラボレーションすることで、技術の早期実用化を目指す考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.