> > 日立ソリューションズ、EV充電インフラ管理システムの提供を開始

日立ソリューションズ、EV充電インフラ管理システムの提供を開始

記事を保存

日立ソリューションズは、課金情報や充電器を管理し、遠隔監視などを実現するクラウド型EV充電インフラ管理システム「emforest/EV(エンフォレスト/イーブイ)」を、12月12日よりEV充電事業者向けに提供する。

現在、EVやPHVの量産が本格化し、国土交通省の試算では、2020年には約100〜400万台の普及が予測されている。EVとPHVの普及には充電器の整備拡大が不可欠であり、EV充電事業者が容易に参入でき、かつ事業の持続が可能な環境作りが課題となっている。

今回、提供される「emforest/EV」は、EV充電インフラ運用に必要な業務をワンストップで提供できるのが特長。商業施設や観光施設などのEV充電事業者に向け、充電器の利用状況や課金情報の管理、充電器の遠隔監視や遠隔保守、24時間対応のコールセンターなどEV充電インフラ管理に必要な機能を導入し、クラウド型サービスにより構築から運用までワンストップでの提供を実現した。

また、複数台の充電器に対応する充電管理端末ソフトウェアを搭載するなど、充電事業の規模に合わせた柔軟な構成を可能とすることでEV充電事業者の参入障壁を下げ、事業拡大にも容易に対応できる。同システムは、クラウド型サービスによる提供と製品による提供を行うため、自社でEV充電インフラを運用したい事業者には製品による提供も可能。

さらに、遠隔サポートにより、クラウドから充電管理端末のソフトウェアのサービス機能を追加、更新したり、各EV充電器の設置場所へ保守員が出向くことなく、充電器の診断、障害復旧、結果メール通知などが提供されるため、EV充電事業者やEV充電器の利用者は安心して利用することができる。

同社では、2011年2月よりエー・イー・シーが沖縄本島全域で展開する充電器整備事業にEV充電インフラ管理サービスを提供している。今回は、沖縄での本格商用レベルでの稼動実績をいかし、高い信頼性と拡張性を持ったサービスと製品の開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.